平成25年9月26日、米国は、我が国の「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(昭和25年法律第175号)に基づく有機JAS制度を米国のNOPと同等と認め、輸出時の手続きについて、双方で合意しました。
 このことにより、平成26年1月1日より、我が国の有機JAS制度による認証を受けた有機農産物及び有機農産物加工食品に「organic」等と表示して、米国へ輸出できるようになります。

 詳細は、次の農林水産省ウェブサイトをご参照ください。

 http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/130926.html