EU加盟国向けに日本産カンキツ生果実を輸出する場合には、登録生産園地での栽培地検査、登録選果こん包施設での選果、果実の表面殺菌及びこん包の実施とともに、輸出検査を受けて合格しないと輸出することができません。

 園地登録、栽培地検査等には1年以上を要しますので、輸出を検討される生産者や団体等におかれましては、事前に関係機関と協議を行った上で、輸出に取り組むようにしましょう。

 EU向けカンキツ検疫フローチャート